中指にあるほくろの意味とは?興味が移り変わりやすいタイプかも

短気だと思われている可能性も?中指にあるほくろ

中指のほくろは、ほくろのある位置によってほくろ占いの意味が変わってきます。ここでは、中指の第一関節、第二関節、第三関節にあるほくろの代表的な意味をご紹介します。

ちなみに手相占いでは、中指は自分自身の行動や思考の傾向、道の切り開き方を意味しています。

中指の第一関節

中指の第一関節にあるほくろは、ほくろ占いでは飽きっぽいタイプであることの表れです。

興味が移りやすので、例えば話していてまだ話がおわっていないのに「そういえばこないだ…」と話を切りだしたり、話題が飛び飛びになる、なんてこともあるかもしれません。大切な話題かそうじゃないかは見極めて飽きたといえど最低限の配慮を考えて話すときは気をつけて下さい。

自分もそのスピーディな感じを好んでいるので、次のことに気持ちが行っているのを引きとめられたり、慎重な人相手だとイライラしがちです。周囲から短気な人だと思われている可能性もありますので注意しましょう。

中指の第二関節

中指の第二関節にあるほくろは、ほくろ占いでは裏がないか常に警戒していることの表れです。人の言った言葉や状況など、何事にも裏がないか勘ぐってしまいがちなのではないでしょうか?

そしてその予感が的中すると「やっぱり」と落ち込んだりと、何事もネガティブに考えるタイプです。

あまり人の顔色を伺いすぎず、気にしなすぎないようにして人と接するようにすると、親密なコミュニケーションがとれるようになります。疑い深すぎると周りの信用を失ったり、亀裂を生みだしてしまうこともあるので注意しましょう。

中指の第三関節

中指の第三関節にあるほくろは、ほくろ占いでは慎重で建設的であることの表れです。大胆さはあまりなく、すこし臆病なところもあるかもしれません。

地に足がついていますが、夢見がちなところが足りなさすぎるため、ときに周囲の人から厳しい・リアリストと思われているかもしれません。

貯金などは上手ですが、恋愛は失敗しがちです。慎重であることは決して間違えではありません。それだけ危機回避能力が高いということなので自信を持つことを常に考えていきましょう。もう少し方の力を抜いて違う角度からの考え方を身につけると、新たな道が開けるタイプです。